2016/3/22 嚥下調整食地域連携研修会

申込書より:
『いつまでも食事を口から食べるためには、本人の機能に合致した食事形態、食事内容の摂取が必要で
す。しかし、地域において統一された嚥下調整食の段階が存在せず、各施設に多くの名称や段階が混在し
ています。この状況においては、地域において一貫した支援は難しい状況です。

そこで、地域における嚥下調整食の段階統一と質の高い嚥下調整食の提供を目的とした事業を行いま
す。

本研修会では、嚥下調整食をより理解し、連携の必要性についてお伝えしたいと思います。』

対象者:
医療・介護施設、配食サービスなどで、地域で食事関わっている皆様

日程: 
平成28年3月22日(火)

時間:
開場;18:30
開演;19:00~20:30

場所:
小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)
東京都小金井市本町6-14-45
(JR中央線 武蔵小金井駅 南口徒歩1分)

参加費:
1,000円/1名

定員:
500名

内容: 
● 講演
「地域における摂食支援 ―嚥下調整食連携の必要性―」
日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長菊谷  武 先生

● 講演
「嚥下障害における「とろみ」の安定性の重要性」
武蔵野赤十字病院栄養科 原 純也 先生

申込方法:
下記リンクの申込書の裏面に記載の上 FAX(042-316-6218)にてお申し込みください。
定員になり次第締め切らせていただきます。

問い合わせ:日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック
*診療中の場合はお電話でのお問い合わせに対応できない場合がございます。メールでお問い合わせください(tama-1@tky.ndu.ac.jp)。

**お申込みはこちらから!**
http://1drv.ms/1QnnB4m (One Drive)

嚥下調整食連帯研修会3月22日研修会(ZI)_ページ_2

2015/10/4 第20回能登NST研究会

開催日時:2015年10月4日(日) 10:00~14:30

開催場所:七尾サンライフプラザ 2階 視聴覚室 (石川県七尾市)

テーマ:特別講演
「在宅医療の実際と栄養管理  」
北美原ク リニック 理事長 岡田晋吾先生

主催: 日本静脈経腸栄養学会 北陸支部会

関連リンク:http://jspen-hokuriku.jp/contents/Ishikawa/whatsnew/nst_20_registration.pdf

2015/9/26 リフレケアH 口腔ケアセミナー in 山陰(松江)

開催日時:2015年9月26日(土) 13:00~16:30 (受付時間 12:30~)

開催場所:くにびきメッセ 小ホール (島根県松江市)

参加費用:無料

共催:イーエヌ大塚製薬株式会社、ビーンスタークスノー株式会社 (事前申し込み要 先着300名)

テーマ:『大腸癌化学療法の副作用マネージメント』、『口腔ケアと摂食嚥下障害の実践的考え方と対応』

関連リンク:https://refre-care.jp/images/leaf20150926.pdf (PDFが開きます)

2015/9/28 平成27年度 日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 多摩クリニック摂食嚥下研修会

開催日時:2015年9月28日(月) 19:00~20:30

開催場所:小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)(東京都小金井市)

講師:
菊谷 武(臨床口腔機能学教授,多摩クリニック院長)
田村文誉(口腔リハビリテーション科教授)
*内容は変更となる可能性がございます.ご了承ください.最新情報は本クリニックのホームページをご覧ください.

テーマ:『 摂食嚥下の基礎と実際の症例から学ぶこと②
― 小児発達期の問題,高齢期の問題―』

主催: 日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック

後援: 小金井市歯科医師会

お問合せ:メールでお問い合わせください(tama-1@tky.ndu.ac.jp)

関連リンク:http://dent-hosp.ndu.ac.jp/nduhosp/tama-clinic/event/index.html

Product Exhibition Information of Ziecor International, Inc.